« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »

2006年10月21日 (土)

fiction in the facts

このところ、世間の宇宙に対する熱が加速しつつある。

メインは来年度から始まる「国際月開発レース」だろう。

日本はアポロ以降最大規模と銘打つ「セレーネ」計画で来年度、月を目指す。

他にも、NASA・中国・ESA、インド等が月への探査機打ち上げを表明しており、

この盛り上がり方は、火星大接近の際の探査機フィーバーを凌ぐ勢いだ。

今回の探査機は全て無人機であり、どこも有人探査の時期を2010年以降に定めているが、2010年頃と言えば、アポロ11号の月面着陸から40年以上も経っていることになる。

半世紀の時を空け、なぜ今「月」を目指すのか。

アポロの時代は、冷戦の狂気の基、「月へ行く」ことが目的であり、月へ行って何をするかは、後から付いてきたようなものだった。

しかし、21世紀になり、状況は一変した。

化石燃料の枯渇が現実的となり、かつて資源を手にした国が勝利してきた歴史に倣い、

月に埋蔵された莫大な資源を獲得しなければ、次の世紀を生き残ることはできない。

国際協調が叫ばれる宇宙開発ではあるが、こと月開発においては、

20世紀の悪しき習慣が貫かれている。

今回の探査は、強国アメリカに他国が叩き付けた挑戦状なのだ。

19世紀初頭から20世紀末のたった1世紀で、アメリカは力によって成り上がった。

その前例があるからこそ、他国は新天地月を獲得することにより次の世紀の覇権を握ろうとしている。

既に「宇宙戦争」は始まっているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

新調

数年ぶりに新しくペンを買った。

と言っても高級品ではなく、ボールペンとシャーペンが一本になっている、よくあるありふれた物だ。

今まで仕事では、貰ったボールペンばかり使っていた。

不満があったわけではないが、胸ポケットに挿していて統一感が無いし、ボールペンから他のペンに持ち替えた時の、太さが違う違和感に悩まされていた。

でもこれからは違う。

ノブを下ろせば、太さそのままに色んな種類のペンが使用できるのだ。

それに、自分で選んだ物を持つことで、使用することに喜びを覚えるようになった。

つまりは、「よくメモを取るようになった」ということだ。

僕は非常に忘れっぽいため、結構、一石二鳥な話だと勝手に喜んでいる。

これで仕事の効率が上がれば良いのだけれどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

僕の住む愛知県は、戦後最大の好景気を迎えているらしいが、

我々、下請けの中小企業に勤める身からすれば、まだまだ不況の真っ只中と変わりはしない。

地場産業である自動車が異様な盛り上がりを見せてはいるが、他の産業にその波及効果は表れていないように見えるし、好景気の恩恵を受けるのは、一部の大企業だと言うことは、もはや周知の事実だ。

部品1点1点を作る小さな会社からは1銭単位で買い叩き、完成品本体は付加価値をたっぷり付けて売るという、昔の年貢みたいな状態になっているのが、今の製造業だ。

現代において、1台の自動車に込められている想いは、開発者の愛ではなく、生産者の憎しみである。

事実、大手自動車部品メーカーに就職した中学時代の同級生は、就職して3年足らずで、400万近くするような新車を2台乗り継いでいる。ちなみに僕は中古車のローンと維持に喘いでいる。

僕は今まで、この自動車産業が生み出す「負のピラミッド」からは少し外れた部分で仕事をしていたが、近く行われる部署の再編成により、完全にピラミッドに組み込まれることになった。

・・・何が言いたいのか良く分からなくなってきた。

初めは、再就職を果たした旧知の友人に「おめでとう」と言うためだったのに、

気付いたら自動車産業への悪口大会になってしまった。

というよりも、ねたみか・・・

就職した友人には、こうなって欲しくはないですな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

奴の正体

僕の勤め先はプラスチック製品を扱っている。

今日は、ちょっと調べなきゃならないことがあって、材料メーカーのパンフレットを引っかきまわしていた。

パンフレットは全頁カラーで写真も沢山、映画のパンフに匹敵するほど豪華な物もある。

その中でも特にお気に入りなのが、「使用例」の写真だ。

「あの有名なカメラ、実はこの材料使ってんのか~」とか実に無駄な知識が身に付く。

今日も仕事を半分忘れてパンフレットを眺めていると、

タミヤのRCバギーがそこに!

あ~、やっぱり使ってたのね。

その10分前、takuさんと「タミヤはここ使ってるんじゃない?」

なんて言ってたのだが、予想が見事に当たってしまった。

全くもって意味はないけど、ちょっと嬉しい、そんな月曜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »