« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »

2006年11月25日 (土)

出場報告

本日はtakuさん、章弘さんと共に、「チームねこぢゃらし」タミヤグランプリに参加して参りました。

クラスはミニスポーツ。初のオンロードカーでのレースということもあり、勝手が分からず苦戦しましたが、思う存分レースを堪能してきました。

結果は予選落ちでしたが、今年最後のレースとして楽しく遊べたことは、来年への励みになります。

来年はミニクラスのレースが少なくなることが予想されており、またバギーメインに戻りますが、もう次のレースが楽しみでしようがありません。

明日は盟友であるakogareさんが、タミグラ初出場で、僕は専属カメラマンとして同行しますが、彼にもレースの楽しさを存分に味わってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

本能のおもむくままに

人間には元来、「逃走本能」が備わっていると思う。

動物は、自分の身に危険が及びそうな場所や、物には近づかない。

人間が動物としてひとつの種であるとするならば、当然、人間にも受け継がれている。

だからこそ「危険を承知で立ち向かう」や「逃げちゃ駄目だ」などと言う言葉は、勇気と無謀の狭間を行ったり来たりするのだ。

ただ、実体としての脅威から逃れるのはいくぶん簡単ではあると思うが、

実体の無い脅威、俗に言うストレスみたいなものから逃れるのは容易ではないように思う。

しかし、逃げる事自体は間違ってはいない。むしろ生物として正しい選択だ。

人間という動物のみが、生物としてはイレギュラーすぎるのだろうと思う。

そんな事考えつつ現実逃避してみたが、今目の前にある脅威から逃れられないのは百も承知だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

秋晴れ・有給

今日は何となく有給をとってみた。

昨日、夜遅くまで仕事したら良いだろうと思い、前日に申請したらすんなり通ってしまった。

今日の僕は自由なのだ。誰にも邪魔されることなく、自分だけの時間を謳歌するのだ。

そんな事は不可能なのを重々承知しつつ、豊田市のサーキットに今週末のレースに向けて、最終調整をするべく向かったのだが・・・

まるで僕の行く手を阻むためかのような電話の嵐。

だ・か・ら! 携帯電話は嫌いだって、いつも言っているじゃないか!

何でこんな山奥でも鮮明に怒鳴り声が聞こえるんだ。

何で僕はサーキットで片手にプロポ、片手に携帯電話持って謝っているんだ。

隣の人に怪訝そうな顔されたではないか。

なんだか、休んだ気が全然しなくなり、早々に退散してしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

観戦

僕の人生の中で初めて、ラリーのレースを見に行ってきました。

新城ラリー2006。

小雨の降る中、akogareさんと二人で行って来ました。

レースと言ったら、過去に鈴鹿のスーパーバイクを見に行った程度なので、

どんなものだか内心ドキドキ、カメラも準備万端で期待しまくりでした。

しかし・・・

そもそもラリーってタイムアタックが基本、しかもコースはそのほとんどが林道で、観戦場からは全く見えない。

唯一見られるのが、ターマックのステージで、デモラン等に使用されており、正直、迫力ゼロでした。

だって普通の道路走ってるだけなんだもん。

そんな所に幻滅してしまい、早々に観戦場を離れ、ピットをうろうろしたりして帰ってきました。

結局、ストラトスも来なかったし、かなり残念でした。

でもスタリオン見られたし、まぁいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »