« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »

2006年12月 9日 (土)

究極のスポーツ

ちょっと前の新聞に紹介されていたあるスポーツが、頭から離れない。

それは「エクストリーム・アイロニング」

山頂や、砂漠等、極限状態でアイロンを掛けるスポーツだ。

極限なのは場所だけではなく、フルマラソン中にアイロンを掛ける等、競技者自身が極限な状態の場合も含まれる。

とにかく、一見意味不明なスポーツではあるが、

「スポーツの爽快感とアイロン掛けしてシャツのシワが伸びる爽快感を同時に味わう」ことが究極の爽快感に繋がるらしい。

調べてみると、「いかに極限状態でアイロンを掛けるか」が競技のポイントであり、

「いかに上手にアイロンを掛けるか」ということは二の次らしい。

これではアイロン掛けの爽快感が薄れてしまうではないか。

中には、スキューバダイビングしながら掛ける人もいるようで、もはや本末転倒はなはだしい。

元々スポーツもアイロン掛けも苦手な僕なので、あまりやる気になれないが、インパクトだけは大きい。

お見合いの席で趣味を聞かれた場合「エクストリーム・アイロニング」です!

って堂々と言ってみたい。エア・ギターよりもインパクト大で、相手のハートを鷲掴みである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

今週末は東海地方、雨らしい。

週末にピンポイントで襲う雨雲に恨み言吐いても仕方が無いのだが、なんだかやるせない気持ちになる。

楽しみにしていたアレもコレも、みんな雨に流れてしまう、あんなに輝いていた週末が曇って見える。

実際には、予定などあるはずも無く、晴れなら晴れの時の遊び方があるし、雨なら雨の日の遊び方が僕にはある。

というわけで、今週末はプラモデルを作っていようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

夢は大概、見る本人の意識を無視し予想もしない展開を見せる。

それが良い事もあれば悪い事もある。

鮮明に覚えている事もあれば、すぐに忘れてしまう事もある。

僕の今日の目覚めは、夜見た夢のせいで最悪だった。そのせいか、一日中調子が悪い。

どこか見知らぬ都会の公園。

皆が空を見上げていると、アダムスキー型円盤が大挙して押し寄せて来た。

なぜかセーラー服姿の僕は、必死で逃げる。

駐輪場の隅に隠れ、公衆トイレに逃げ込む。

それでも結局は、円盤から降りてきた仕事上のお客さんに捕まり、こっぴどく怒られるのだ。

なんて理不尽で、脈絡の無いストーリーなのだろうか。

そんな物語を作ってしまった自分が酷く悪い人間に思えて仕方が無い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

1ヶ月ぶりにサバイバルゲームをしてきた。

始めてからずいぶんと年月が流れたが、一向に上達する気配が無い。

それでも続けていられるのは、自分でも気付いていない魅力があるからかもしれない。

はたから見れば怪しい集団以外の何者でもないのだが、日常では感じる事の無い何かを求めて、これからも続けていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »