« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007年6月 8日 (金)

買っちゃった

給料日から10日ほど。
既に給料は底を付き始めている。

でも、見つけてしまったからには、買わざるを得ない。
「1/144陸戦型ガンダム」
すごいね、バンダイ。
このクオリティで1500円弱ってのは、他の模型メーカーには絶対に真似できない。
まさにガンダム&バンダイ組の一人勝ち状態。
マクロス&ハセガワ組に勝ち目はなさそうだ。(商売上では)

ガンダム。
僕の生まれる前から有るアニメなのに、今だに人気が衰えないのは、
ある意味脅威だ。
僕も好きだが、ひとつだけ気に食わない事がある。

それはガンダムの機体色だ。
なんで白ベースに青と赤なんだ?
この色こそが、ガンダムの兵器としてのリアリティを下げている。
この世で白い色をして良い兵器はXB-70ヴァルキリーと、
量産型エヴァンゲリオンくらいなもので、兵器として「目立つ」ことは致命的欠陥だ。

あと、空を飛ぶという設定も理解できない。
初期のガンダムは飛んでないけど、大気中を飛行する上で、
とてもアドバンテージがある形状には見えない。
まぁ、100歩譲って飛んでも良いとしても、飛行機が、
当たり前のように落とされていくのは納得がいかない。
この21世紀でさえ、翼の揚力に頼らず、
従来では有り得ない機動で飛行することが可能なのに、
宇宙世紀では、モビルスーツのみが異常に発達し、
戦闘機は20世紀中盤レベルの飛行特性しかないように見える。
贔屓しすぎだ。

アニメに突っ込みを入れても、それは不毛というものなので、
この辺にしておこうと思うが、
今度始まる新ガンダムは、是非OD色にて御願いしたいところだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

実体を放棄する

ここ最近、「セカンドライフ」というものが流行っているらしい。
ネット上の仮想世界の事だが、現実社会の通貨も使用することができ、
仮想世界の中で金儲けまでできるそうだ。
人気があるものだから、当然企業も広告媒体に利用し始めている。

でも、どんなに充実したセカンドライフを送ろうと、どこまで行っても仮想は仮想。
現実にはなり得ない。
そもそも、実体の無い「仮想現実」が流行することが、何か間違った方向に向かって

いるような気がして仕方がない。

僕が幼稚なだけかもしれないが、実際に目の前に実体として存在するもののほうが
持っていて安心する。

デジカメのデータより、実際の写真だったり、
エクセルファイルより、紙に出力した文書だったり。
この違いが気にならなくなった時、どのような変革が訪れるのだろうか。

確かに、紙で保管するよりデータの方が場所も資源もかからず、しかも便利だ。
だからと言って、利便性のみを追求することは、必ずしも人間にとってプラスには
ならないように思う。

実体と非実体、その違いが気にならなくなったということは、
利便性追求の極地に立っているということであり、
その先には人間という実体すら必要のない、無味乾燥な世界が待っている。

よくSFにあるような、意識だけの生命体。
それらがネット上に作られた世界の中で生活する。
もうこれは、人間とは言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

無理か・・・

先月、なんだかんだあって、結局は買ってしまった新携帯電話NOKIA N73であるが、
ちっとも使い方が分からない。着信音すら変えられない有様だ。
でも、壊れたデジカメX60の代わりになってくれればまぁいいか、と思っていた。

しかし、その立場も、最近非常に危うくなってきた。
今まで使用していたSANYOの携帯電話とは違い、今回のはUSBやメモリーカードで
PCへ画像を送ることができる。普通のデジカメと同じだ。

だから、PCの大画面で撮った画像を確認するわけだが、とてつもなく汚い。
まず、全体的にピントが甘い。なんだかボヤっとした印象を受ける。
そして色収差が顕著。
極めつけは、周辺部のディストーションがあまりにも酷い。
カメラレンズとしては、最低の部類だ。

最近の携帯電話のカメラは、ハード的にはAFや光学ズームを搭載し、
ソフト的には、ホワイトバランス調整や露出補正等、普通のデジカメと比較しても
遜色無い機能を備えている。

だから失敗した。
スペックのみで判断した自分が甘かった。

おそらく、他の機種も似たようなものだと思う。
現行のどんな高級機種の携帯電話でも、普通のコンパクトデジカメを凌駕することは
無いはずだ。
もちろん、本来は携帯電話として生まれた機械だ。
デジカメと比較すること自体が間違っているのかもしれない。

だったら、なぜ携帯電話にカメラが付いているのだろう。
メモ機能の延長と考えているのなら、今の機能は過剰だ。
デジカメ市場を脅かそうとするのなら、今のレンズでは脆弱だ。

メーカーが高付加価値を狙って多機能にしたがるのは分かる。
しかし、どれもが中途半端になってしまい、結果、
全体的に使えない機械ができてしまう。
やはり明確な目的を持って生まれた機械こそが良いのだろう。

あと、NOKIA N73、音楽プレイヤーとしても相当使いづらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »