« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

2007年9月15日 (土)

また行ってきた

あまりに周りと自分の考えが異なっていることに、驚愕を覚えた。
自分の下した評価が間違っているとは思わない。
しかし、僕と違う考えを導き出した人達は、それぞれに
何かしらのポイントを押さえていることだろう。
僕は、それが何か、確かめなければならなかった。

だから行ってきました。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』2回目。
みな七さんと。

しかし、評価はやはり揺るがなかった。
どうしても面白いポイントが見つからない。
やはり「一番の見せ場は予告編」で決まり、だと思う。

どの辺りが面白かったのか、頼む、みんな教えてくれ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

緑の地獄

先週末くらいから、どうも体調がよろしくない。
頭が痛いというか、フラフラしてしまう。
すぐ治るだろうと思っていたが、今日まで一向に治る気配がない。
そろそろまずいなぁ~、などと思いつつ、今日も仕事に従事していたが、
ふと気が付くと、視界がとんでもない事になっていた。

良く言えば幻想的。悪く言えば不気味。
なぜか全ての風景が緑がかって見えるのだ。
ちょうど偏光フィルタ入りのサングラスを掛けた雰囲気に似ている、ような気が

する。
さすがに何かがヤバそうだ。
今日は早めに寝ようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ついに来た

画面の2/3が死んでいても、けなげに作動していた僕のデジカメ。
しかし、とうとう画面の全てが闇に飲まれ沈黙した。

精密機器の宿命で、一部が致命傷を負うことで全体の機能が使用できなくなる
というのはよくあるが、実際に、「作動はしているけど使えない」
状況になると、一層物悲しい。
機械の脳死状態?

もはやメーカー無き今、買い替え以外に道は無いのだが、
それでも同じ物を中古で探そうとする僕は間違っているのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

非常に嫌な夢を見た。
最低な目覚めだった。
夢は記憶を無意識下で無秩序に繋いだ物語だから、荒唐無稽、
気にするだけ無駄と言うもの。
しかし、一度味わった嫌な感触は、なかなか身体から抜けない。
内容までは覚えていないが、とにかく、
昔からの嫌な思い出のオンパレードだった。
耳を塞ぎ目を瞑り、心の底から叫びたくなるような、そんな思い出が
少なくても10種は襲ってくる。

夢占いなんて物もある。
悪い夢は現実世界では吉である、なんて事を聞くけれど、
見た夢の内容如何に関わらず、精神状態が宜しくない状態で
現実世界に放り出されて良い結果が生まれるわけがない。
現に、今日は散々だった。
今夜もこんな夢を見るようならば、タンスの角にでも頭をぶつけて、
記憶を一度白紙に戻してやろうと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »