« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月11日 (木)

勝手に団結

工場萌えだとか、ダムマニアとか、はたまたジャンクションマニア。
これらの嗜好に共通して言えることは
「巨大な人工建造物に対する嗜好」ということだろう。

昔から人には共通してこのような「巨大建造物」への憧れがあったはずだ。
そうでなければ、世界一を目指してタワーを作ったり、
石で巨大な祭壇などを作ったりはしない。
これらは時代が過ぎ、なおその姿を留めていれば「歴史的建造物」として名を残す。

つまり僕らの好きなダムであったりジャンクションなどの建造物は、
いつかは人類に認められ、現在とは違った歴史的価値を見出されるかもしれない。
いや、もう今の時代においてもその可能性は十分にあるかもしれない。

それは「近代遺跡」や「産業遺跡」という概念だ。
本来遺跡とは既にその機能が失われ、その価値は歴史的資料としての価値が
主だったものになるが、近代遺跡などは現在でも使用されている物に
対しても文化財の指定が行われている。
(ウチの会社とか・・・)

そう考えれば、写真集を出したりしての大々的な宣伝活動などしなくても、
我々の地道な活動と熱意が、いつかは社会的に認知される日が
いつか来るのだろうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

ここ最近、時が光の如き速度で過ぎ去っていく。
こうしてある日気が付くと、歳取った自分がいるんだろうなぁ。

そうならないためには、
「忙しい」という言葉に甘えず常に新しい挑戦をしていくことが重要だと思う。
何も新しい趣味を始めろとか、そういう事ではなく、
常に興味のアンテナを張る、それだけで良いと思う。

毎日がいつもと同じということは絶対に有り得ない。
同じような毎日でも、少しづつ違った毎日。
昨日よりも1分早く家を出た。昨日と昼飯のメニューが違う。
自分にとっては些細な違いであったとしても、同じように他人も違う毎日を生きている。
その“些細な違い”が重なり合えば、おのずと違った毎日は訪れるのではないだろうか。
自分の毎日を作っているのは、何も自分だけではない。
他人との関わりがあってこそ、日々は作られていくのではないだろうか。

そう考えると、楽しい事はきっとそこかしこにあるかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »