« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »

2008年11月 9日 (日)

鉄の勇気

JAXAが「太陽帆船実証機」の計画を発表した。

名称は「イカロス」
元ネタは当然、ギシシャ神話。『勇気一つを友にして』というあの歌。
実に馴染みやすい名称であると思う。
不安なのは、イカロスの父であるダイダロスの名を冠した
「ダイダロス計画」ってのが先にあったりすることだったりする・・・
直接関係は無いけど・・・

太陽帆船とは、一般的にソーラーセイルと呼ばれているが、
極薄の大きな膜を宇宙で展開し
太陽からの光圧を捕らえて、その反動で宇宙空間を進むというもの。
ちなみに、光を放出しその反動で前進する「光子力ロケット」の逆バージョン
と思っている人もいるらしいが、これは全くの別もの。

実はこのソーラーセイルの研究、日本が世界で一番先行している。
今回の「イカロス」も突然言い出したものではなく、
既に2004年に実験が終了し、翌2005年の段階で計画が立ち上がっている。

今後、今回の計画が成功し、ソーラーセイルの有用性が世界に認知されたとしても、
宇宙航行の為の推進力としては主役になることは、おそらく直近100年間は無いだろう。
しかし、推進自体に動力源を必要とせず、推進の為の媒体も外部から無尽蔵に
入手できるソーラーセイルは、宇宙航行には理想的な形態なのかもしれない。
それでなくとも、「宇宙に帆を張る」ってなんか格好良いじゃないか。


ギリシャ神話では、イカロスはダイダロスの忠告を忘れて海に落ちてしまうわけだが、
『勇気一つを友にして』の歌詞ではこう締めくくられる。

だけどぼくらはイカロスの
鉄の勇気をうけついで
明日(あした)へ向かい飛びたった
ぼくらは強く生きて行く
勇気一つを友にして

「イカロス」計画という名の鉄の勇気が、いつか次代へ受け継がれることになるよう
祈っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »