« | トップページ | あの丘を征せ »

2009年2月 6日 (金)

進むべきは長野の地

「フハハハッ!見ろ、足が棒のようだ!!」
って見ても分かりませんが。

3日間に及ぶ東京引継ぎ行脚ようやくが終了し、
普通ならばここで3日間行動と共にしたてん☆しんさんと
夕飯でも食べて、土日はブラブラ東京で遊んで・・・ってパターンなのだが、今回は違う。
全ての打ち合わせが終わった後、僕は直ぐに名古屋行きの新幹線に飛び乗った。
明日、土曜日は地元で過ごす最後の休日。
その休日を、地元でしかできないイベントの決行日としていたためだ。

僕の地元は愛知県新城市。
別段、特徴もなく、言ってしまえばとんでもない田舎町。
公共交通機関はバスと鉄道。鉄道は単線のJR飯田線が一本あるのみ。
そう、飯田線。
これこそが僕の地元にしか無いイベントの舞台となる。

飯田線といえば駅が多いことで有名(らしい)
『究極超人R』OVAでもスタンプラリーの舞台になって結構有名だったりする。
で、その中で飯田線を走って追い越すという描写がある。

飯田線下山村駅から伊那上郷駅までは地形上、おおきくΩ状のカーブを描いている。
その間の沿線距離は約6km。通過時間は約15~20分程度。
上記のふたつの駅を直線距離で結ぶと約2km。高低差は70m。
下山村駅で降りた電車に伊那上郷駅で再び乗車することが、どうやら可能らしい。
鳥頭先輩も「楽しいぞ」といっていたし、
『探偵ナイトスクープ』でも実際にやっていたらしい。

こんな楽しげなイベント、ここ以外ではできそうにない。
まさに、地元ならではのお祭りだ。
もはやこれをせずに故郷を去れるか、という心境である。
成功するかしないかは問題ではない。やることに価値がある。

記録係として道連れになるakogareさんには、ご愁傷様という言葉をお送りしたいと思う。

|

« | トップページ | あの丘を征せ »

コメント

「足がっ、足がぁぁぁぁあああ!」

投稿: みな七 | 2009年2月 7日 (土) 10時29分

君、そういう所の食い付きは凄いよね・・・

投稿: S.V. | 2009年2月 7日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155199/27842830

この記事へのトラックバック一覧です: 進むべきは長野の地:

« | トップページ | あの丘を征せ »