« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »

2009年8月17日 (月)

これが俗に言う(死亡)フラグという奴か

災厄というものは、忘れた頃にやってくるのが相場らしい。

連休明けの今日、いつものように出勤してしばらくしていると、上司も出勤してきた。
いつもならばここで「今日の予定は?」と聞かれるのだが、今日に限って
「お前、体調は何とも無いか?」ときた。

「S.V.の同期の○○君な、鳥インフルにやられて休んでるらしいぞ」

え?

何それ?

もうすっかり存在自体を忘れてましたよ。

どうやら連休前に遊びに行った先で頂いて来てしまったらしいのだが、
その連絡と、感染の可能性がある対象者の一覧が部門長にのみ回っているらしい。
本人に教えてくれよ!

連休直前に本社に寄った際、僕は件の彼と昼食を一緒に取っており、
感染の疑い有りとされている。
鳥インフルエンザ自体は、強毒性ではなく普通のインフルエンザと
変わりないということだが、それにしてもすっかり忘れていた。
ホント、喉元過ぎればと言うか平和ボケというか。
地震の時もそうだけれど、日常生活における危機管理に対する認識が甘いことを
思い知らされた。

で、体調を聞かれた僕は
「あ~、言われて見れば頭がちょっと・・・」

『後ろ向きで全力疾走』

それが私のモットーです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »