« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »

2009年11月 7日 (土)

言葉が人を殺す

今朝の出来事だ。

いつもの時間に家を出、いつもの電車に乗り込み、
次の駅で勤務先へ向かう電車に乗り換える。
乗り換えた電車は「日本一混む」との呼び声高い埼京線。
これまたいつものように駅員に押し込まれながら、皆悲痛な顔をしながら乗り込んでゆく。
電車が走り出して5分程たった頃だろうか、
静かな車内で「止めてください。離れてくれませんか」
と声が聞こえてきた。声の主は、ちょうど僕の左前方の女性。
その後ろ、つまり僕の横にいる男性に声を掛けている様子だった。
声を掛けられた男性は一言、「すみません」と言い、
既に寿司詰め状態の電車の中で何とか後ろに下がって女性との間にスペースを
作ろうとしていた。

結局目的地で女性は下車し、大きな騒ぎになる事も無かったが、
物凄く納得がいかない。

見たところ男性は、左手で荷物を抱え、右手は胸の辺りに当てており、
意図的に女性の身体を触ることは不可能な状態だった。
車内は文字通り寿司詰め状態であり、誰もが四方八方を囲まれている。
そんな状態で他人に当たるなという事自体に無理があり、
男性が件の女性に触れてしまったとしても、不可抗力である可能性が非常に高い。
当然、乗客は皆、そんな事は承知で毎日乗っているだろうから、
女性の主張は無理難題以外の何物でも無いのである。

そんなに男性と接触するのが嫌なのだとしたら、女性専用車両なんぞという代物が、
この時間帯にはあるし、もっと空いている時間帯や迂回ルートもある。
自己の利便性を優先させ、あえてその車両に乗り込むのだから、
相応の覚悟と寛容さは持って然るべき。
こんな奴が居るから痴漢冤罪は無くならないのだと、とても悲しくなった。

無論、痴漢は明確な犯罪であり、許し難き行為ではあるが、
痴漢冤罪にもまた、同様の社会的制裁が必要では無いのかとよく思う。
現状では、「この人痴漢です」の掛け声と共に腕なんぞ掴まれた日には、
たとえそうで無くとも、痴漢と認定された御仁は確実に社会的に抹殺される。
その場で誤解が解け、無実の罪に着せられる事が無かったとしても、
女性側にしてみれば、間違ってても被害はゼロ。
男性が逮捕されれば憎き痴漢を成敗したとしてやったり。
男性側からすれば、誤解が解けても恥をかき、解けなければ死亡確定。
分が悪すぎる。

そんな状態を是正すべく「痴漢冤罪に対する社会的制裁」を制定することを提唱したい。
今の状態では、加速度計を搭載した爆弾を置いているようなものである。
そういった物があれば、例え罰則無しの規定であったとしても、
ひと呼吸置いて本当にそうであるか、考える気にはなり、抑止力にはなるだろう。

日本の司法においては「疑わしきは罰せず」が原則。
立証が難しい痴漢犯罪であるからこそ、訴える側も慎重になるべきだと、僕は思う。
たった一言の言葉で相手の人生が左右される事もあるのだから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

今日は明日の為に在るか

先週末はイベント目白押しで、久々に濃い週末であった。

地元へ戻った金曜日は仲間と焼肉。
会社から近い所だったから、同僚と鉢合わせしてしまい微妙に喋り辛かったけれども、
いつも通り楽しい宴会だった。

土曜は丸一日を費やして、てん☆しん師匠の家でDVD鑑賞会。
やたらと天気が良く、師匠は若干ドライブへ行きたいオーラが出ていたようですが、
そんな事は許しません。
9時から18時までみっちり25話、「ウィッチブレイド」を鑑賞。
前回開催時に勢いで決めたタイトルだったので、若干の不安はあったものの、
見終わってみれば、すっきりまとまっていて良作だったように思う。
作品のテーマを全編通してブレ無く貫いたのが勝因かと。
世界観の設定も、無駄に深く掘り下げていなかったので、すんなり見ることができた。
雰囲気は『ソルティ レイ』に似ていたような・・・同じGONZOだし、時期も近いし。

鑑賞会後は、そのまま埼玉のアパートへ戻り、次の日は
幕張の東京モーターショーへ出掛けるという、自分でも考えられないアクティブさを発揮。
モーターショーの感想は・・・
「これどこの中古車展示場?」みたいな感じ。
初めて行ったけれども、例年こんな感じなのだろうか?
どのメーカーも現行車種がブースに並んでいて、奥のステージでコンセプトカーのショーを
少しやっている、という形式。
コンセプトカーも大体が環境性能のPRに終始していたので、僕のような地球環境に
優しく無い人間にとっては面白くもなんとも無い。
所々にGTカーやTOYOTAブースに09年使用のF-1が置いてあったのがせめてもの救い。
一番燃えたのがMAZDAが1970年に作ったRX-500の特別展示だったというのは秘密である。

RX-500はさすがに格好良かった。
おかげで僕の中の車熱が再燃してしまい、RCのレースに出たくて仕方が無くなってきた。
丁度今週末に近所のサーキットでレースがある。
RCチームねこぢゃらしの関東地方橋頭堡として、初参戦を目論んでいたりして。

何だかんだ言っても、週末は忙しい方が楽しい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »