« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »

2010年4月18日 (日)

そんなに力が欲しいのか

不味い。
2010年仕様のF1マシンが格好良く思えてきた・・・
審美眼が腐ってきたのかもしれん。

と、いう話はどうでも良いとして、
最近、「○○力」という言葉をよく聞くようになった。
常識力・脳力・人間力・地図力・国語力・意志力・親力・女子力、等々。
そして今日はTVで妻力という言葉を聞いた。

非常に違和感を感じる。
流行り言葉だから嫌がっているのではなく、言葉として違和感があるのではと思う。
その原因を探るべく、少し調べてみたのだが、
昔から使われている「○○力」という言葉は、
例えば、
労働力・行動力・思考力・想像力、等。
これらは総じて、動作を表す名詞に「力」を足した言葉になっている。
労働する、とは言うが常識する、とは言わないだろう
これが正解かどうかは分からないが、違和感の原因の一端ではないかと思う。

日本語の乱れがどうとか言うつもりは無いし、
それは時代と共に変わっていくものだろうが、
新鋭の○○力は余りにも抽象的すぎて、言葉としての体を成していないように思う。
これらを略語の一種と拡大解釈したとしても、その意味を連想できない。

おそらくは、少し前にあった検定ブームで出現した言葉が、他の言葉に水平展開され、
汎用性の高さも手伝って、結果的に竹の子の如く乱立する事態になったのだと思う。
ブームってのは、自然発生でなければ仕掛け人が必ず居るものだが、
最近はどうも無理やりさ加減が浮き出ている。

消費者を始めとする市場の受け手側としては、もはや嘲笑するしか無い状態だ。
見え見えの釣り針に好んで引っ掛かる奴は居ないわけで、
しかもそれがあちこちに沢山垂れ下がっていれば、目も肥えるというもの。
もうこなるとブームとは虚勢にしか見えず、市場は悪循環に陥ってしまう。

もっとも、ブームに乗じて、
もしくはブーム自体を作り出して金儲けをしようと目論む人間が居る限り、
いつまで経っても終わりは無いんだろうけど・・・
その証拠に、今でも新たな○○力が生まれているわけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »