« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月20日 (火)

ある晴れた土曜日に

土曜日の事だが、会社の人のお誘いで、隣町の花火大会へ行って来た。
花火見物というものには縁が無く、学生の頃一度行ったきりであり、
人ごみが苦手な自分にとっては、夏の催しでは海水浴に次いで苦手とする行事であったが、
せっかくのお誘いでもあるし、席も非常に良い席であったので、
この機会を逃すと、次にこんな好条件で花火を見る機会はそうあるまいと思い、
誘われるがまま、梅雨明けの午後、出掛けて行った。

「さじき席」という言葉を聞いたのが初めてというくらいの花火素人だったのだが、
それは川辺の特等席であり、目の前で上がる花火というものに
ガラにも無く見惚れてしまった。
10072001
10072002

今思い返してみると、自分にも未だそのような感情が残っていた事に感動である。
日々の生活は単調になりがちかもしれないが、
感受性を高める事ができれば、少しの変化が大きな刺激に繋がるかもしれない。
そんな物、どうやって高めたら良いか知らないけれど、
関心の無い事柄だったとしても、頭から否定せず、とりあえず首を突っ込んでみる事が
思いがけない所で経験値となっているのだと思う。

そこでハマってしまったらと心配してしまう人も居るかもしれないが、
それはそれで、幸せな事だと思うよ?僕は。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »