« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

2010年2月 2日 (火)

無益な戦い

昨年末帰省した際、妹にi podを買ってやった。
それまでは僕のお下がりのMDプレイヤを使い続けていたらしく、
さすがに世代交代の時期に来ているし、
クリスマスプレゼントとお年玉の代わりと思えば安いものだった。
が、僕は大きな問題を見落としていた。

実家にはパソコンが無い。
i podは基本的にPC経由で曲をインポートするので、
PCが無ければ曲を追加することができない。
専用のコンポみたいな物も売っているが、コンポは一昨年買った物があるので、
新たに購入するのはもったいない。

最終的に出た解決策は、
僕が帰省する度にノートPCで曲をインポートしてやる、という方法だった。
曲の入れ替えを頻繁にしなければ、容量も十分にあるので問題なさそうだ。

年が明けてからというもの、妹の指示に従いレンタルショップにひた走る僕であったが、
自分の趣味にまったく合わない音楽ばかり借りさせられて、正直面白くない。
僕のi tuneライブラリに全く聞かない曲が増えていくばかりだ。

妹がi podを使用し続ける限り続くこのアフターサービスを、少しでも楽しいものにしたい。
そう思った僕は、妹を洗脳すべく(アニメ的な意味で)僕の趣味に合った音楽を
織り交ぜることにした。

幸か不幸か、妹の友達にはアニメ好きな娘が居るらしく、
最近ではアニメの話をよく聞くらしい。
あれほど(僕の影響で)嫌っていたアニメに興味を持つとは、
やはり兄より友が大事なのかと、
少々凹まされたりもしたが、下地が既に出来上がっているのは、こちらとしては有難い。

早速第一弾として、
「アニメの主題歌に採用された」普通のJ-POPに絞ってプレイリストを作成し、
それを購入時に入れておき、先週末の帰省時に感想を聞いてみた。
が、妹はそれを件の友達に聞かせたらしく、
その友達曰く、「普通の曲ばっかりだね」とのこと。
当然、僕は妹(非オタ)用に導入用として作った為、普通っぽくしていたのだが、
そんな事を言われてしまえば、対抗したくなるのが哀しいマニアの性というもの。

その挑戦、受けて立とうではないか。
女性でも違和感なく聞けそうで、かつマニアになりたての女子高生なんぞには
分かりそうに無い作品をチョイスし、妹のi podに入れてやった。

もはや当初の目的から大きくずれてしまっているが、
人に聞かせる為に音楽を選ぶのって、結構面白い。
akogare君がたまにCDを作ってきてくれるが、
その気持ちがちょっとだけ分かった気がする。
土俵は全く違うけど・・・

今月の帰省が楽しみだ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

畜生どもの宴

数えて9回目となる定例鑑賞会。
遠路はるばる300Kmの距離を越え、
帰省の目的が「アニメ鑑賞」って人としてどうかとも思うけれど、
それはこの際置いておきたい問題である。

今回は12話もの×2作品。
『魔法遣いに大切なこと』と『serial experiments lain』

『魔法~』は前から見たかった作品。
『ヨコハマ買出し紀行』的な緩さを期待していたが、ある意味予想通り。
良く言えば安定しており、悪く言えば波が無い。
あと、ヒロインの声を宮崎あおいが当てていたのだが、
やっぱり女優と声優は別の能力が必要だと思う。
棒。良くも悪くも棒でした。

一方『serial experiments lain』は98年に
第二回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で優秀賞を受賞した作品。
現実とネット世界の境界という、テーマは時代を先取りしていて、
確かにハイレベルな作品だとは思うのだけれども、ハイレベルすぎてついていけない・・・
毎話終わるごとに、頭の中で復習が必要な作品だと思うので、連続視聴は辛かった。
正直、何回か落ちたよ・・・

とにかく、参加者の方々はお疲れ様でした&てん☆しん閣下、ご馳走様でした。

次回は鉄板系なので安心して見ることができそうです。

最後に、最近古いSF小説を読み漁っている。
SFのなんたるかを学ぼうという試みなのだが、選ぶタイトルが
『星を継ぐ者』とか『天の光はすべて星』とかだったりする。
これでピンと来た人は、どっからどうみても立派なアニオタです。終わってます。
次は『果しなき流れの果に』を読もうかな・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »