« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »

2011年9月17日 (土)

いきなりクライマックス

SF小説界で不朽の名作『星を継ぐもの』の漫画版が発売されていたので、
ついつい買って来てしまった。

リメイク作品や、他の媒体からメディア展開された作品は往々にして
元となった作品と比較されてしまう。
『星を継ぐもの』も当然、原作小説と比較しながら読んでしまったのだが、
大概が、批判的な感情が頭の中で駆け巡ってしまう。

これはおそらく、大方の人にこの傾向があり、原作への思い入れが強ければ
強いほど、その傾向も強いと思う。
それは思うに、原作を100点満点とした減点法的思考で
作品を見ているからだと推測している。
原作が正なのだから、そこから外れた部分は全てマイナス点。
当然、原作以上に面白いという評価を得る事は出来ない。

では逆に、原作という素材をどれだけ美味しく料理しているかという考えに
基づいて感想を述べようと思うのだが、
これは心の広い人にのみ成せる技であって、僕には無理でした。
今回の作品は特に。

後はもう、原作を知らない人に読んでもらって、
先入観の無い率直な意見を聞くしかないわけだが、
それは人の感想であって自分の感想では無く、
どこかで頭を打って記憶を吹き飛ばさない限りは、
作品をニュートラルに楽しむ事は出来ない。

というわけで、先入観バリバリの、僕の感想を勝手に述べさせてもらう。

とりあえず、結論を急ぎすぎなんだよ!謎解きの醍醐味台無しだよ。
それから「ジェヴレン」て単語使うな。早すぎだよ。3部作全部やる気なのか?
それとも『内なる宇宙』まで・・・

買った後で気付いたのだが、この漫画、「01巻」てなってるわけで、
今後続巻を買っていかなければならないわけだ。
つまるところ今日の結論は、
「アンチも大事なお客様」。
だって、文句言いながらも結局買うんだもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »