« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月20日 - 2011年2月26日 »

2011年2月13日 (日)

未だ道の途中です

大学ゼミの同級生達に会うべく、名古屋まで足を運んできた。
名古屋は去年の夏以来であったが、駅前の変貌ぶりには目をみはるものがある。

寒空の下再会した4人は、幾人かは約4年ぶりであったにも関わらず、
不思議な事に、まるで昨日も会っていたかのような自然さがあった。
人間、数年やそこらで易々と変わる事なんて無いのだろう。
少し安心したものの、僕を除く4人全員が既婚、
もしくは結婚の予定があるというのは、如何なものだろう。
しかも全員が全員、相方とは大学からの付き合いである。

帰りの電車の中で、その頃自分は何をしていたのだろうと自問自答してしまった。
彼らは学生時代に己の人生を方向付けるものを見つけていたというのに、
僕と言えば、バイクに跨ってロケットを追いかけているばかりだった。
それが良いか悪いかは別問題として、自分が酷く矮小に思えたのは確かだ。

「人生の良し悪しは、本人の死ぬ間際にしか分からない」
というのは僕の勝手な持論だが、それは現状から逃避するための、
自分に言い聞かせる言い訳に過ぎない事を僕は知っている。

それでも未だ、諦めちゃいない。
「生きてるだけでも儲けもの」
これもまた真実であると思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月20日 - 2011年2月26日 »