« 2013年12月15日 - 2013年12月21日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »

2013年12月28日 (土)

一時帰国と足

この年末年始は、予定より少々早めの一時帰国となり、日本で過ごす事になりました。
というか、既にかえってきてます。
上司の配慮に嬉しく思いつつも、僕にはひとつの懸案事項がありました。

それは移動の足が無いという事。

バイクは売り、車は車検を切ってガレージ保管状態。
レンタカーを借りるのもさすがに高く付く。
車を余らせている知り合いなど、当然居ない。

で、僕の出した結論は、
「125ccのバイクを買う」
でした。

この結論に至るまでには、実際には紆余曲折あったわけですが、
今回は割愛するとして、買ったバイクは
ザックスという会社のMADASS125というバイク。
工業デザイナー、ハンス・ムートの会社がデザインし、
中国の工場に作らせたという、既に怪しいムード満点のマシンです。
ずっとターンAガンダムのデザインした人だと思い込んでましたが、
それはシド・ミードでしたね。ムートはカタナでした。全然関係ねぇ。

で、このMADASS、色々いわく付きらしく、ネットで調べるとトラブル報告が
山のように出てくるのですが、
どうせ新車で買うし、帰任してからじっくり直していけば良いや。
とタカを括って尾張旭の正式代理店と称する店でメールのやりとりのみで購入。
帰国した翌日、納車に行くと言う予定を組みました。

が、ここからが悪夢の始まりでした。
尾張旭市から我が家までは、下道で約2時間強程度の距離。
休憩を挟みながら走れば良いと思って走り出したのですが、
家まであと30分という場所で休憩し、出発しようとしたら、
イグニッションをオンにしても通電しない。。。
新車で短時間だから、と思い工具類は一切持っておらず、
車載工具も無いため、完全にお手上げ。
人生初のレッカーを、無理を承知でお世話になっているお店へ依頼。

ここからの事を細かく書くと、いつになっても終わらないので、
簡潔に書くと、

不具合はバッテリーターミナルの締め付け不良>>販売店呼んで修理させる

その日の夜、同じ症状 バッテリーは問題無し >> レギュレーターが故障 部品手配

レギュレータ到着 修理

ウインカーランプ玉切れ >> 部品手配

ウインカー修理

ヘッドライトが消える >>ヘッドライトバルブとポジションランプ球切れ

バルブ交換

ウインカーが点滅しない、点灯しっぱなし >> リレー死亡
今ココ

次々に死亡する電装系。
レギュレーターの故障がそもそもの発端だとは思うのですが、
それにしても、弱すぎる。

今まで乗ったバイクの中で、こんなに故障するのは初めてです。
ゆっくり修理、なんて言ってられません。
一時帰国の足として買ったのに、修理してる時間の方が長いとか、洒落にもなりません。

でも、「駄目な子ほど可愛い」
とも言いますし、多分そのうち、愛着が沸いてくる気がしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月15日 - 2013年12月21日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »