« 一時帰国と足 | トップページ | 仕事で必要という言い訳 »

2014年4月30日 (水)

久々に帰国

中国ライフはネタ満載で、ブログの記事にも事欠かないだろうと思いきや、
平日は会社と宿舎の往復、休日はやる事が無さ過ぎて引きこもりという生活を
送り続けております。

とこで、先日仕事で1週間ばかり日本へ帰国しました。
あまり時間はありませんでしたが、通勤の足にと購入した
MADASS125に再び乗る事が出来ました。

最近、日本の本社では原付2種ブームなのか、
何台か125ccを購入したという話を聞きます。
taku兄さんは暴走&妄想の末、カワサキのDトラッカーを購入。
僕は高かったので視野に入れてませんでしたが、
根気よく程度の良い中古を探して購入されたそうです。
中古国産>新車中華 の構図は明らかで、無茶苦茶調子良さそうでした。
他にも、GROMだとかYBRとか購入された話をチラホラ。
YBRは実用性では125cc中ナンバーワンでしょう。
デザインと細部の仕上げに納得がいけば、最高だと思います。

GROMは一旦注文して、納車待ち期間を聞いてキャンセルしたバイクですが、
FIは利点ですね。takuさんのDトラもFIだそうですが。。。羨ましい限りです。
あとは新型のKSRが、僕の出向明けくらいにこなれた価格になっていると良いなぁ、
という妄想をしています。

さて、日本に残してきたMADASS125ですが、
普通のバイクよりも長期保管には気を配らないといけないと思いつつも、
結局キャブレター内のガソリンを抜いた
(燃料コックオフにしてアイドリングしただけ)だけで、
バッテリーも、どうせ外しても空になるだろうしと、
付けっぱなしで中国へ来てしまっていました。
そのため、今回帰国した時は、まず走れるようにするところから初めないといけないなと
戦々恐々としていましたが、帰国した翌日の早朝、おそるおそるイグニッションをオンにしてみると、
なんとメーターのバックライトが点灯しました。
電気が来てるって事はもしかしてイケるんじゃないのと期待をして、
キックする事数回(セルは怖くて回せませんでした)、見事にエンジンが掛りました。
エンジンが掛っただけでこんなに嬉しい気持ちになるバイクはそうそう無いと思います。

エンジン下に何かが漏れた形跡も無く、タイヤの空気圧も正常、
部品の錆びなども見られず、
屋外にカバーを掛けただけの保管にしては、とても優秀に思えました。
家族が一回ひっくり返してしまったらしく、ミラーには傷が付いていましたが。。。

納車1週間の悪夢はどこへやら、想定外だった雨天下での走行も問題無くこなし、
超ゴキゲンなMADASSでしたが、再び中国へ戻る前日に、各部をチェックしていたら、
エキパイから盛大に排気漏れしている跡が見つかりました。。。

もう直す時間などなく、そのまま中国へリターンしたわけですが、
これで次の帰国時の楽しみが出来ました!
ホント、飽きさせない良い乗り物ですね!

|

« 一時帰国と足 | トップページ | 仕事で必要という言い訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155199/55998258

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に帰国:

« 一時帰国と足 | トップページ | 仕事で必要という言い訳 »